日記

« 今日のちみ太 | トップページ | きょうのたまこ »

わんにゃんマザーテレサ

2011年2月23日 (水)

私は尊敬している人が数人います。

その中に、東海地方で懸命にボランティア活動に励んでいる女性、ヨシダさんがいます。

彼女は毎日保健所に足を運び、収容された動物のお世話をしています。

彼女は、できる限りのことを動物のためにしています。

*里親さがし

*ダンボールの動物を、できる限り個別のケージにわける。

*えさやり

*排泄の掃除

*お散歩

「最期くらいは、美味しいご飯を食べて欲しい」

「お散歩だってしたいはず」

最期を迎えるその日まで、お世話を真心でしているのです。

もちろん、ボランティアですから報酬なんてありません。

彼女のおかげで里親さんがみつかった子達も多く、私は彼女を

いぬねこの「マザーテレサと呼んでいます。

ヨシダさんからは毎日メールが来ます。

今日は数日前に届いたメールからご紹介します。

成猫(一匹は大人になりかけかな)二匹は、やはり威嚇がスゴいです。
とても手を入れてお世話ができません…

細い、長い棒を使って、檻の隙間からなんとかペットシーツを取り替えました。
レトルトをたっぷりと…

これくらいしか、私にはしてあげることができない…

なつっこく生まれ変わって、今度こそ!しあわせになってほしい…

20110223_2

黒ラブのお迎えは、まだありません。
行き先はあるので安心ですが…

迷い犬の老犬…
目が白内障です。
まだまだ、そこそこ元気なのに…
お迎えは厳しいかな…

Photo

そして、今日届いたメールです。

成猫は処分されていました…
きっと、最期まで怯えていたんだろうね…
可哀想に…

昨日まで生きて息してた子が、無機質の塊となって冷凍庫の中にありました。

先週の子も塊となって、先週からそのまま…

酷い…

Photo_3

迷い犬の老犬は音沙汰無しです。
東海地方で保護されたそうです。
目が見えないし、遠くから来たとは思えないのですが…
おやつを喜んで食べました。
こんなに生きたがっているのに…

黒ラブも、未だお迎えなし。
里親さんのもとへ行くことになりそうです。
とってもよい子だから、きっと可愛がってもらえると思います。

▲以上ヨシダさんより▲

悲しいです。

きっともっと生きたかっただろうに。。

生きたいから必死にフーッって、訴えていただけ。。

最期の瞬間まで怖い思いをしたでしょう。苦しかったでしょう。。。

私も思います。次は幸せな一生を送って欲しいと思います。

これから春になり、動物にとっては受難の季節となります。

沢山の仔猫が持ち込まれ、数十匹もの仔猫が一日に処分されることもあります。

みなさん、どうか飼い猫の避妊虚勢をお願いします。

少しでも不幸な命を減らすために。

そして、私は動物に関してのコラムをサイゾーさんで書かせていただくことになりました。

まだ詳細は詰めていませんが、webをメインに、一度は紙面でもと編集長さんとお話をしています。

もちろん、その原稿料はチャリティーにさせていただきます。

いぬねこのマザーテレサ、ヨシダさんの写真はまたいずれvirgo

2011年2月23日 (水) | | | コメント (2) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508789/50950517

この記事へのトラックバック一覧です: わんにゃんマザーテレサ:

コメント

シオムラさん、こんばんは。
何も出来ないけど、周りにペットの話が出たときは、最後まで面倒をみれますか?と問いかけています。
以前、良く読みに行っている、女性芸能人のブログにペットを飼いたい、と話がでていたので、同じ様に書き込みをしました。削除対象になると思っていたのですが、掲載されました。その後、話が載ることはないので・・・考えてもらったのかは、わかりません。
何も出来ないけど、これぐらいの事は続けたいと思います。

投稿: グランパスはち | 2011年2月23日 (水) 23時52分

本当にヨシダさんのしている行いは、並大抵の人には出来ないですよね。愛のなかの愛。犬猫を本当の本当に愛しているからこそ。ちょっとやそっとの愛情ではない、計り知れないほどな愛ですものね。
私なんかじゃ想像もつかない様な苦労もありますでしょうし。その様な苦労も犬猫の為に苦労と躊躇う事なく行動を起こせているのだろうな~ぁ。凄いで片付けられない次元の凄い事ですよね。
あやかさんも今までの行いからも今度のチャリティーコラムも凄いし素敵です。
お二人は私にとって大き過ぎる。お二人の爪の垢にもなれない。私じゃ祈る事や避妊虚勢の必要性を周囲に話すくらいしか出来ないけど、今一度自分に出来る事見詰め直してみますね。
一人でも多くの犬猫が救われます様に。

投稿: 誉 | 2011年2月24日 (木) 22時17分

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。