日記

« 福島第一原発 たまとジョン「福島第一原発で亡くなった、ジョンについて」 | トップページ | のびる ちみたま »

被災地からのメール

2011年6月28日 (火)

こんなメールが届きました。

先日、気仙沼にボランティアに伺ったとき、紺野君という避難所に身を寄せる青年に会ったと言う話を書きました。

そのお兄さんからメッセージです。

初めまして。こんにちは。
紺野の兄です。
先日は弟が避難所で御世話になりました。
気仙沼での御支援・御声援ありがとうございます。そしてお疲れ様でした。
私と弟は別世帯で、1歳の娘と嫁と仮設住宅に入居することができました。
ですが…仮設住宅は、配給を貰うことを禁止され、頼みの義援金も入らず、避難所とは違った厳しい生活が待っていました…
私自身、震災前から病気にかかり、震災後から更に悪化しました…そんな状態なので仕事もできず、嫁がフルタイムで仕事を頑張っています。
幸い、私はmixiをやっているのですが、マイミクの皆様から御支援を頂いて、生活を支えて頂いています。
3ヶ月以上経っても、改善されない厳しい実状を、今一度伝えて頂ければ幸いです。

私も避難所となっている体育館に「避難所にいる方以外の炊き出しはありません」というような内容の貼紙があったのを見ました。

「食事を頼らないようにすることで自立の促進を図る」ということもあるかも知れません。

でも、それは最低限の生活ができる位の支援を政府や自治体がしたあと、初めて言っていいこと。

暮らすにも困っている被災者の方がまだまだ沢山います。

昨日、東電の事故で避難を余儀なくされたご夫妻と電話でお話をしました。

未だ一時帰宅の順番も来ていないとのこと。

そして今日も原発が原因で避難をしている方とお話をしました。

「義援金なんて届いていない」

苦しんでいる人がまだまだ沢山いるんです。

私たちはそれを忘れてはいけないし、長期的な支援をしなくてはいけないですね。

2011年6月28日 (火) | 人生勉強 | | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/508789/52069761

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地からのメール:

コメント

コメントを書く




コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。