日記

卒業の秋。

2011年9月30日 (金)

P1100392

こんにちは~!

もう10月なんて早いですね!

今年ものこり2ヶ月gawk やり残したこと、いっぱいです!

上の写真は日テレで放送中のアイドルリーグの打ち上げの写真です。

おかもとまり、吹田早哉佳、笠原美香、水上桃華、土岐麻梨子の5名が卒業となりました。

そして、私も構成を卒業しましたよsun

諸々暫くはプライベートで忙しくなり、お仕事はセーブさせて頂くことになりました。

とても楽しい番組なので、これからは一視聴者として応援していきたいと思います。

その他の番組は変わらず担当します。

P1100393

左が私。右がリアクションを得意とするアイドルの渋沢一葉ちゃんです。

得意は猪木。だそ~です。

P1100447

まどろみみち太。

P1100446

にらみをきかすたまこ。

2011年9月30日 (金) | 人生勉強 | | コメント (0) | トラックバック (0)

足が一本しか使えない…それでも健気に生きているダンに、ご理解とやさしさを!!

2011年9月12日 (月)

ボランティア仲間であるヨシダさんよりメールです。

健気に生きるダンを受け止めて下さる方を探しています。
交通事故にあい、排泄にちょっと訳ありです。

ダンに素敵なご縁がありますように。
心から甘えられる飼主さんと出逢えるように祈ってやみません。

なかなかいい言葉で表現できませんが、ダンが幸せになれますように、、、。

Begin forwarded message
件名: 足が一本しか使えない…それでも健気に生きているダンに、ご理解とやさしさを!!

ある方から、こんなメールが届きました…




初めまして。私は中津川市内に住んでいるYといいます。
今、我が家で飼っている犬の事で、本当に困っていて、何とかしたいとネットで探していたところ、こちらのサイトにたどり着き、藁にもすがる思いでメールさせていただきました。
長文になりますが、聞いて下さい。


まず、この犬がどうして我が家へ来たのか、お話ししたいと思います。
我が家は、主人、息子2人の4人家族です。


2009年の夏、我が家は里親をしているので、家で預かっている里子を恵那まで送り届けようと子どもたちを乗せて車を走らせていたところ、車の前にこの犬が飛び出し、轢いてしまいました。


どうしてよいのかわからず、絶対死んだと思ったので、怖くて怖くて犬の様子を見に行くことができず、とりあえず警察に行き、犬を見に行ってもらうようにおねがいしました。


その後、連絡があり、犬は親切な人が拾ってくれて、動物病院に運んでくれたと連絡をいただきましたので、見に行きました。5歳くらいのオスの黒柴でした。


動物病院の先生に、背骨を折ってるから、後ろ足の神経は潰れているし、前足も動かないから生きてても仕方がないと思うよ。と言われました。


拾ってくれた方にも同じように説明をしていただいたのですが、それを聞いても
『命だから』 と、是非にともこの犬を引き取りたいと言ってくれましたので、すごいなぁ、有り難いなあと思っていました。
せめて私にできることは病院に通って元気づけることだと思い、可能な限り病院に通いました。


2週間くらい経って、看護婦さんから 
『拾ってくれた方が、やっぱり飼えないから…と言ってきたから、この犬の選択権があなたに回って来ましたが、どうしますか?(飼うのか、殺処分するのか)』
と言われ、私も散々通って愛着出てしまったので、今更殺すこともできず、仕方なく飼うことにしました。


でも、犬を飼ったことのない私たちにとっては本当に大変なことでした。
子どもたちは未だに犬に慣れず、触ることもできないし、私も忙しくて相手をしてあげられないし、臭いや汚れにもいつまでたっても慣れないし。


犬はとってもいい子にしていますよ。
ただ、どうにもこうにも犬を飼うことに限界を感じています。
犬とか猫とか苦手なんです・・・本当に。
犬もそれを感じてか、いつも申し訳ないような顔をしています・・・。


この犬が嫌いとか、死ねばいいのにとかそんなことは全く思っていないので、
やっぱり保健所で処分する事は全然考えてなく、何とかこの子が幸せに暮らせるように願うばかりです。


私にはこの犬を轢いた責任がありますので、この子が一生を終えるまで責任を持たないといけないのですが、一緒に住むことはお互いに良くないような気がします。


そこで、お願いがあります。
障害があるため、難しいとは思いますが、なんとか里親探しのご協力をしていただけないでしょうか…


吠えたり噛んだりもしませんし、雨など玄関にいる時は、90×60cmのペットシーツからはみ出すこともなくじ〜っとしています。
名前はダンといいます。


勝手な事を申しているのは重々承知ですが、どうか、このいきさつをご理解いただき、助けて下さい。


ご連絡いただければ幸いです。



…………………………………………………………


みなさん、これを読んでどう思われましたか?

私は、最初、あまりの勝手さに、腹が立って、腹が立って、仕方なかったです…


でも…


事故により、ダンの下半身はマヒしたまま。
ただ、立てはしないものの、少しだけ足を動かすことはできるそうです。


前足の一本も骨折して、曲がったまま固まったため、使えるのは残りの前足一本のみ。
その一本の足を使い、なんとかズリズリ、下半身を引きずりながら移動するそうです。


ウンチは自分の意思でしますが、オシッコは抱っこした時などに出てしまうそうです。


その時にオシッコで体が汚れるため、洗ってやりたいけれど、犬が嫌がるとこちらも無理強いできなくて、なかなか洗ってやれないのだとか。


で、もともと犬も猫も苦手なので、その臭いが気になってしまうそうです。


Yさんのお宅のお庭は広く、ダンはそこで自由気ままに過ごしています。
雨が降ったり、寒い冬は、家の中に入れてもらっています。


でも、今の飼い主さんご家族は、どうしてもダンを受け入れることができなくて…


申し訳なさそうなダンの姿を見ると、可哀想になってしまうけれど…


でも、どうしても、犬の臭さに顔をしかめて嫌がってしまう自分がいるそうです…


犬が苦手で、努力しようとしても、やはり犬を受け入れることができない…


これって、仕方ないことなのでは…


犬が大好きで、スキンシップをはかってくれて、オシッコのお世話も微笑みながらやってくれる…


そんな素敵な里親さんが見つかったなら、ぜひとも!ダンを託したい!


そして、ダンにしあわせになってほしい!


今の飼い主さんの切なる願いです。


ダンのしあわせのために、私はできることなら、飼い主さんの願いを叶えてあげたいと思いました…




『黒柴♂七才くらい?
名前はダンといいます。
交通事故にあい、前足一本しか使えません。
でも、健気に、一生懸命に生きています。
体が不自由なこと以外は、きわめて健康です。
おとなしい性格です。』



こんなダンのことをすべて受けとめ、ダンに寄り添い、ダンと共に生き、これからのダンの犬生をしあわせなものにしてくださる…


そんな、やさしくご理解ある方からの連絡をお待ちしています。


命の責任を持つということは、それなりの苦労と労力を伴います。
しかし、その命に癒され、多くのことを教えてもらったりもするのです…


ダンは岐阜県中津川市にいます。

2011年9月12日 (月) | | コメント (3) | トラックバック (0)

置き去りワンちゃんの里親さん募集

2011年9月 7日 (水)

ヨシダさんよりメールが来ました。
みなさん、よろしくお願いします。

「早川日記」さんより転載です。

http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=bon-bon-boon&frmsrc=checklist&frmUnm=tazimi&guid=ON



ツイッターからです。



http://blogs.yahoo.co.jp/pinkuusagi5/27086427.html#satooya



ある方からの情報です(遠方すぎて私はまだ見に行っていませんが)
ここは豪邸の廃墟だそうです

↓情報元さんからのお話

廃墟のワンちゃん、置いて行かれて5〜6年もたっているそうです
水道水を少しだけ出して、近所の方にエサをおねがいして出て行ったらしいのですが、 

何でもはじめは4〜5匹はいたとか・・残った子があのワンちゃんでもう15〜6歳にはなるそうです。

近所では有名な話らしくて、ワンちゃんを不憫に思う人が何人もいて食べ物を運んでくれてるんだそうです。
薬やワクチン、散歩の面倒を見てくれてる人はいなさそうですが・・

生き残った1頭だそうです
目が悲しげですね・・・

老犬ですし、フィラリアにもかかっているでしょう
もうあと何年も生きれないと思います
それでも家族にして最後を看取ってあげたい

そういう方はいないでしょうか?

終生飼育を目的とした保護はもう我が家ではできません

私もできることは協力します
お届けできる範囲で動きます

まだ詳細を詰めていません

というのも保護してくださる方がいなければ行政に話をもちかけるにしても何にしても始まらないからです。

この子の命が先か、救うことが出来るのが先かわかりません

情報発信をまずしたいと思いました

里親さんには多くは望みません
とにかく愛情を注いでくださる方
ごく一般の飼育をしてくださる方
最後まで看取ってくださる方

ご協力いただける方は
little-quu@nifty.com

小梅までお願いします


★ここのところこういった情報を犬猫、メールなどで情報提供は多々あるのですが・・・
1匹でもどうにかしていってあげたいですね

私はツイッターは良くわからないのですが
多くの方にこのことをお知らせしたいと思いますのでどうぞ転載記事などご協力お願いします



………………………………………………………………            (転載以上)



犬生の最後を、あたたかい家庭で送らせてあげたいですね…

この子の目が、悲しすぎる…
塩村文夏

2011年9月 7日 (水) | | コメント (1) | トラックバック (0)

見てね。

2011年9月 7日 (水)

見てね。

2011年9月 7日 (水) | | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

個人的に応援している栃木の動物緊急避難所さん。

http://tochigianimal.com/?page_id=42

喫茶店のマスターが私財を投げ打って、福島原発や震災で家と家族を失った動物たちを受け入れてお世話していらっしゃいます。

凄いですよね。マスターのような尊敬できる人がいる反面、

東京にいると女の子を呼んでバカ騒ぎをして飲み歩いている人をよく見ます。

いくら社会的に成功をしていても、そんな人たちって自分がバカだって気付いていないのかと思っちゃいます。本当に大切なことが見えない目を持っているとしか思えないですね。

個人的に頑張っている避難所ですから、資金も人手も足りていないそうです。

お手伝いに行けなくてごめんね。せめて資金の足しになればと小額ですがお送りさせて頂きました。

今回は3万円お送りしました。足しにして頂きたいです。

2011年9月 2日 (金) | | コメント (4) | トラックバック (0)